壱岐・対馬へ釣りに行こう

福岡から行く壱岐・対馬、沖ノ島

九州には日本一の釣りポイント長崎県五島列島や平戸があるけど、福岡から佐世保まで車で行くのは大変。
そこでお勧めなのが、博多から九州郵船のフェリーで行ける壱岐や対馬。
壱岐や世界遺産の沖ノ島は、福岡から直行で行ける瀬渡し船があるので日帰り釣行もできてとても便利。
そんな壱岐・対馬や沖ノ島、唐津呼子の釣行記録ブログ。各地の瀬渡し船も紹介しています。



釣り場の潮汐表と週間天気予報はこちら

アクセスランキング


         
   釣行記   陸のたわ言  瀬渡し・男料理
沖ノ島クロ絶好調 ブリとヒラマサの見分け方壱岐の瀬渡し
クロは全て40超え 初心者のチヌ釣り講座@下対馬の瀬渡し
沖ノ島のオナガグロ 初心者のチヌ釣り講座B呼子の瀬渡し
浅場のチヌ釣り 初心者のチヌ釣り講座Fマダイのポアレ
対馬で81cmのヒラマサ 初心者のチヌ釣り講座H夏のアオリイカパスタ

季節の魚


季節の魚を追いかけるのも磯釣りの楽しさ。
まさに旬の新鮮な魚を味わえるのは釣り人の特権。

毎年1月は上物釣り師のアイドル、クロ(メジナ)からはじまり、
3月に入ると、のっこみの真鯛、チヌ(黒鯛)のシーズン。ブリやヒラマサの大型が狙えるのもこの頃ですが、、カワハギやメバル、アラカブなどのおいしい魚もこの時期見逃せない!

5月の連休頃からはイサキやミズイカ(アオリイカ)を狙いますが、この時期のイサキは大型揃いでフカセで釣れば面白いです。
6月はすでに梅雨グロ・梅雨イサキのシーズン。底物師にとっては待望の石鯛シーズンであり、夜はアラ(クエ)の動きが活発になってきます。
7月〜8月は近場でキスやヒラメで遊ぶのも面白いですが、日中は暑いので夜釣りでイサキ狙いの釣り人が多い。

9月は夜釣りのフカセでイサキが数釣れ、良型のマダイや良型のアジも加わります。私はもっぱらアラ狙いで離島に出かけます。
10月はクロやチヌが良く釣れる時期。ただ餌取い対策に四苦八苦。
夜釣りでは大型のマダイを狙う人も多い。
また、この頃から年末にかけてはヒラス(ヒラマサ)やブリ、カンパチなどの青物も本番を迎えるので、昼も夜も大物を狙える季節です。


対馬 海 画像

(対馬美津島町)


「 釣らずして楽しむ者達人なり。 」


釣れなくても海を眺めながら、美味しい弁当を食べるだけでもいい気分!
天気のいい日は、磯で食後の昼寝をするのもいいし、孤独な夜釣りもまたいいものです。
特に秋の夜釣りは最高です。

満月に照らされた月の道。
満天の星空から落ちてゆく光線。
遠くで揺れるいくつもの漁火。
いつもとは違う、いろんな風景の中でゆっくりと時間が流れ、大自然の中に生かされた小さな命であることを実感します。


そんな寝ぼけたことを言ってるくらいだから釣りの腕は???
ですが、このブログでは壱岐・対馬や沖ノ島での釣れなかった話(?)を中心に、福岡、佐賀、長崎の釣り情報を紹介していきます。


釣り画像 対馬の朝

(今日も大物狙いまっせ!)



磯の写真館

* 画像をクリックで拡大

対馬の漁火
(対馬 竜の崎灯台と漁火) 輪島の朝日
(対馬 輪島の初日の出) 月夜の黒島灯台
(対馬 月夜の黒島灯台) 竜の崎灯台下
(対馬 竜の崎灯台下) 紺青鼻の磯
(対馬 紺青鼻) 漁火画像
(対馬 月と漁火) 対馬 輪島の画像
(対馬 輪島) 壱岐 金城
(壱岐 金城) 郷ノ浦波戸画像
(壱岐 郷ノ浦波戸) 壱岐 金白
(壱岐 金白) 五島 夢の島
(五島 小立島) 五島 ウキ流し
(五島 小値賀) 沖ノ島本島画像
(沖ノ島: 避難港) 天狗岩画像
(沖ノ島 御門・天狗岩) 沖ノ島本島 画像
(沖ノ島本島 ケーソン) 沖ノ島 ホームグランド
(沖ノ島 小屋島) 二神島 SOSの画層
(二神島 SOS) 二神島 人形岩の磯
(二神島 人形岩) 二神島スベリ 磯
(二神島 スベリ) 子二神島の画像
(子二神 ギンザ) 子二神島のハナレ下
(子二神島 ハナレ)