久しぶりの沖ノ島本島:壱岐・対馬へ釣りに行こう

久しぶりの沖ノ島本島

7月12日(土)久しぶりに沖ノ島へ釣行することにした。
このところ、自分の都合と天気が合わず、なかなか釣りに行け無い状態だった。
今日は長潮、明日は若潮と潮は最悪だが、天気予報では曇り、波は1.5Mなので行ってみることにした。この暑い時期は、昼間はまともに釣りが出来ないので、曇りと言うのは絶好のチャンスだった。

カベの先端とノリ瀬350×200
(沖ノ島:カベ先端とノリ瀬)

午後8時、ヤナイ釣り具で餌と瀬渡し料金を支払い、最近の状況を聞いてみると、イサキはよくあがっているそうだが、クロはほとんど釣れていないようだ。真鯛もケーソン以外はダメのとのこと。石鯛釣はポツポツ上がっているようだ。
今日はフカセでイサキを狙うことにした。
港に着くと、今日お世話になる渡船、アクアに荷物を積み込む。潮が悪いせいか、山笠直前のせいか、土曜日にしては釣り人が少ない。

ほとんどの人が夜は底かご仕掛けのイサキ狙いなので、フカセ希望の僕はカゴ釣りと重ならないよう、本島北側のカベに一人であがることにした。カベには初めてあがったが、やはり急な斜面で足場が悪い。のんびり釣りたい僕には苦手な磯だった。

狭いくぼみに荷物をまとめていると、前日の釣り人が残していった撒き餌が悪臭を放っていた。夏場は、波が洗う前に岩の上に捨てられた餌が腐るので、ちゃんと自分で掃除して帰ってもらいたいものだ。
それから、約30分ひたすらバケツで海水をくみ上げ、釣り場の掃除をする羽目になった。
あ〜っつ、腰痛もちにはつらい。

釣り場をよごすだけのヤツは釣りをするな〜〜〜っ。
迷惑なんじゃ、ボケ〜〜〜〜ッ。

と、ひとり言を言いつつ、やっと掃除が終わった時には汗。汗。汗。
冷たいお茶を飲み一休みの後、仕掛けと撒きえ作りに取り掛かる。
真鯛や尾長が釣れていないと言うことなので、通常のフカセ仕掛けにした。
竿:1.5号   リール:3000番   道糸:4号    ハリス:3号
ウキ:円錐1.5号   オモリ:水中-1.5号  タナ:竿2〜2.5本  

沖ノ島では心細い仕掛けだが、今日はイサキ狙いなのでコレでいいだろう。ちなみにカゴ釣り仕掛けのほうが確実だろうが、フカセで釣れるイサキのほうが断然面白い。

投入したウキのケミホタルが、左の大谷瀬のほうから、右のノリ瀬の方へわずかに流れている。撒き餌を4〜5杯かぶせ、今にも消しこみそうなケミホタルの灯りをじっと見つめる。

大谷瀬先端350×200
(沖ノ島:大谷瀬先端)

投稿者:「壱岐・対馬へ気軽に釣りに行こう」管理人

沖ノ島釣行記

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 沖ノ島 クロ
(クロ 50センチ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 五島 アラ
(アラ50センチ) 真珠 pearl
(真珠) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ)