波戸から狙うジャンボイサキ:壱岐・対馬へ釣りに行こう

波戸から狙うジャンボイサキ

8月3日(日)前回釣行の予言通り、今回は壱岐でイサキを狙うことにした。
天気予報では波、風ともに強いため壱岐の瀬渡し、第三壱岐に様子を聞いてみるが、南西の風が10m以上で波も高く、沖磯での釣りは無理とのこと。夜には風がおさまるだろうと判断し、切れ波戸に渡してもらうことにした。

唐津から九州郵船のエメラルドに乗船し、壱岐の印通寺に到着したのは午後3時。明日の午前10時までの釣りなので、チャンスは今日の夕方と明日の早朝となる。
というか、ここのイサキはほとんどこの時間帯しか釣れない。

しかし、切れ波戸もこの強風では外側は向かい風で釣りにならないため、風向きが変わるまでは内側を釣ることにする。
この時期、毎年壱岐のこの波戸にイサキ狙いで来ているが、内側も水深があり釣れないことはない。真鯛やタカバも食ってくるのだが、ここで内側を釣っている人はあまり見かけない。

イサキをフカセで釣りたいが・・


強風のためまずはカゴ釣りにした。餌はオキアミボイルのみ。  
本来ならカゴで10匹を釣るより、フカセで一匹のイサキを狙いたいところだが、今日の風ではフカセは難しい。


竿はオリンピック・プレフォース2号を遠投用に改良したもの、リールはダイワのプロカーゴ4500番に道糸5号。
ハリスは3号を2ヒロ半、釣研の遠投羽根SP8号のウキに10号の底カゴをセットし、出来る限り余分な浮力を残さないようにする。

ここは湾内で潮の流れが遅く、さほど遠投しなくても釣れるためできるだけ軽めの仕掛けにする。
ちなみに自分は、なるべく魚の引きを楽しむために、カゴ釣りではほとんど2号の竿を使用している。
ヒラス狙いでない限り4号、5号の竿を使うことは無い。


やっぱり、壱岐のイサキは夕まずめだった


軽く第1投目を投げるとウキはゆっくり湾内の奥の方へ流れていく。
干潮の時間帯だがまだ満ち潮の流れが続いているようだ。
ウキにアタリは無いが、仕掛けを回収すると付け餌は無い。
やはりエサ取りはいるようだがこの時期は仕方ない。

3投目にウキにエサ取りの反応がある、仕掛けを回収すると手の平くらいの小鯛だった。
それからは立て続けに小鯛ばかりが釣れる。潮が変われば型もよくなるだろうと思いながら釣り続けた。

午後5時頃、ようやく潮が止まり、間もなく干潮から満ち潮の流れに変わり、今までと反対に流れ出した遠投羽根SPが一気に消しこんだ!
「よし、本命!」 同行の釣友に伝える。

壱岐のジャンボイサキ
(壱岐のジャンボイサキ42センチ)

しかし、ここであわてて合わせを入れず、垂らした道糸が一気に張ったところで軽く合わせる。
この間2〜3秒だが、イサキのアタリを目で楽しむための、「必殺遅合わせ釣法」!?
もうひとつ、「必殺向こう合わせ釣法」??と言うものもあるが、何のことはない。
そのまま合わせを入れず、ガツンと手元にくるまで待つだけの事だけお、この釣り方は結構楽しめる。


波戸から狙うジャンボイサキ(2)へつづく・・・



2008/08/10 投稿:「壱岐・対馬へ釣りに行こう」管理人

壱岐釣行記

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 対馬 クロ
(クロ 44センチ) 対馬 カゴ釣り アラ
(アラ50センチ) 沖ノ島 ブリ ハマチ
(ハマチ72センチ) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ2キロ)