鯛カブラで大鯛を狙う:壱岐・対馬へ釣りに行こう

鯛カブラで大鯛を狙う

5月2日、対馬釣行二日目。
朝5時半に目が覚めたので、目の前の波戸の様子を見に行くと、型のいいアオリイカ(ミズイカ)が浮いている。

早朝エギングでサックとアオリイカ

すぐに家に帰り、急いでエギング仕掛けを作り波戸に戻ったが、すでにミズイカの姿は見えない。
とりあえず先ほどミズイカがいたあたりにエギを投げてみる。
エギが底に着いたところでシャクリを入れてみると、さっそく根がかり・・

かと思ったら・・

急にリールのスプールが逆回転!

あれっ、もしかして一投目から釣れちゃった!?

しかも結構デカそう!?
スプールを締め足元まで寄せたが、タモを持ってきてないことに気づいた。
仕方がないのでラインをつかんで引き上げると、1キロ級のアオリイカ!
1投目でこのサイズがきたのは嬉しい (^^♪ 

ミズイカ:対馬浅茅湾

その後すぐに足元にエギを落としてみると、底のほうで次々とアオリイカがエギに飛びついてくる。
早朝なので海の透明度が高く、海底までよく見えるのだが、なぜかエギに乗らない。確実にエギを抱いてPEラインを持っていってから合わせても、なかなか乗らない・・・・
やはり腕が悪いのか、それともエギが悪いのか?
よく判らないが、とにかくミズイカの様子が見れて参考になった。
エギを抱いていても乗らないことはよくあると思ったほうがよさそうだ。
まぁ、僕はエギンガーではないので、フカセ釣りの合間にしかエギは投げないけどね・・・

アオリイカの天ぷらレシピはこちら
アオリイカとズッキーニのトマトパスタレシピはこちら

浅茅湾牛島沖の大真鯛釣りへ

ともあれ、500〜600g前後のアオリイカをもう一杯追加して、結局30分くらいの時間で2杯のミズイカが釣れたのでここらでカンベンしてやる事にした。
今日は朝から、地元の知り合いの船で大型の真鯛を釣りに行く予定なので、いつまでもイカで遊んでる訳にもいかない。

朝7時半、待ち合わせの水崎港に向かう。今日の真鯛釣り場は浅茅湾の牛島の沖合い。
連日3〜5キロの真鯛が釣れているとのことで、1週間前にこの知人は9キロ超の真鯛を釣り上げている。
9キロとは言わないが、せめて8.8キロくらいを釣りたい (=_=)

浅茅湾:美津島町(こんな静かなところで早朝エギング)

天気もよく、浅茅湾は凪だろうと思いきや、いざ沖に出てみると波が高い!
ポイントに着き、さっそく鯛カブラ仕掛けを入れてみる。
しかし、流れが早く、水深も80メートルと深いためか、腕が悪いのか、タナが取れない。
船長はビシの入った仕掛けを手釣りで流しているが、やはり釣りづらそう。どうやら2枚潮か3枚潮でタナが取れないらしい。
他の漁船も次々と帰港しているので、船長が携帯で連絡を取ってみると、やはり今日は釣りにならないとの事でどの船もあきらめた様子。
我々も真鯛のポイントに見切りをつけるにした。

せっかく福岡から釣りに来たので、船長が「ジギングでヒラスでもやってみようか?」と言い出し、魚探で青物のポイントを探ってみることにした。
しかし、海底にはスゴイ根があり、いかにも大物がいそうなところだが、魚探には何の反応もない。
いくつかのポイントを流してみるものの、どこも反応がない (T_T)
今日は海の中の様子がおかしいようなので、早々に退散する事にした。

対馬釣行の二日目も釣果無し。
昨日まで大型真鯛が釣れていたのに、全く海はわからない。
残りはあと1日。
期待していた今日がダメだったという事は、明日もダメかぁ?
こうなると、朝に予定していなかったミズイカが釣れてよかったという事になる。

人生も釣りも、なかなか予定通りには行かないものです。。



2009/05/05 : 「壱岐・対馬に気軽に釣りに行こう」管理人

対馬釣行記

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 沖ノ島 クロ
(クロ 50センチ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 五島 アラ
(アラ50センチ) 真珠 pearl
(真珠) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ)