黒鯛のムニエルレシピ:壱岐・対馬へ釣りに行こう

黒鯛のムニエルレシピ

黒鯛(チヌ)を釣ったときはどうやって食べようかと悩む人は多いはず。
漁師町の人達はほとんど食べないけど、冬場からのっこみまでのチヌは刺身でも美味しい。
それ以外の時期や夏場の真鯛など、味が落ちている時期の魚も色々と工夫すれば美味しくなります。

自分はイタリアン風が好きなんで、チヌなんかはソテーしていろんなソースを作って食べますが、今回は野菜を使ったソースにしました。

もちろんチヌだけでなく、真鯛やイサキ、スズキやヒラメなど白身の魚なら何でもOK。

材料(二人分)

黒鯛      4切れ
ミニトマト   8〜10個
まいたけ    1パック(他のきのこでもOK)
パプリカ    (なければピーマン)1個
オリーブ油   大さじ2杯
白ワイン    100cc
コンソメ    小さじ1杯
レモン汁    大さじ1杯
バター     大さじ1杯
しょうゆ    少々
塩・胡椒    少々


白身魚のムニエル野菜ソースの作り方


1.3枚におろした黒鯛は中骨を取り、食べやすい大きさに切り分ける。

2.フライパンにオリーブ油を熱し、小麦粉を薄くまぶしたく黒鯛を両面に焼き色が付くくらいに焼く。
この時、中まで火が通っていなくても大丈夫。

3.白ワインとコンソメ、まいたけ、ミニトマトを加え蓋をして蒸し焼きにする。乱切りにしたパプリカは少し時間をおいて加え入れる。

4.野菜に火が通ってきたら蓋をはずし、バターとレモン汁を加える。

5.最後に塩・胡椒で味を調える。
バターとレモンが効いているので、少量で大丈夫です。
そこはお好みで。。


黒鯛のソテーレシピ .bmp


通常の2キロ前後の黒鯛の場合、片身から4〜5人分がとれると思います。魚を捌くときに、いつものクセで皮を剥がないようにしましょう!
皮の部分が美味しいですから。。

パセリやクレソン、三つ葉などを加えるといい彩りになります。



2009/06/05 : 「壱岐・対馬へ気軽に釣りに行こう」管理人

男の魚料理レシピ

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 対馬 クロ
(クロ 44センチ) 対馬 カゴ釣り アラ
(アラ50センチ) 沖ノ島 ブリ ハマチ
(ハマチ72センチ) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ2キロ)