イカ刺しは本当に横切り ??:壱岐・対馬へ釣りに行こう

イカ刺しは本当に横切り ??

先日、長崎県の壱岐で地元の人達と飲んでいた時のこと。
テーブルには魚介類の煮物やイシダイ、ヒラマサ、イカの刺身なんかが豪勢に並んでいた。

で、そのイカの刺身が横切りだったんで、

  「イカ刺しは縦切りだろう!」

    という主張をしたところ、みなん唖然とした表情。

更に、しょっちゅうイカ釣りしている人が、
「イカの繊維は横やけん、縦に切ったらつまらんやろう!」 と言うと、

何やら説得力がありそうなんで地元の漁師さんも養殖業者さんも、趣味で長年イカ釣りなんかしている人もみなさん同意。。。



北海道では縦切りが常識


でもね、、、、、

そうしないにしても、縦切りという方法があるということくらいは知っているものと思っていた。


確かに九州で売られているイカ刺しはみんな横切りだし、イカで有名な唐津の呼子でも横切りがほとんど。

けど、縦に切るというのは和食の料理人なら皆知ってることで、北海道なんかではそれが常識なわけです。

新鮮なイカを横に切るなんてありえないそうです。


それが、何十年も新鮮なイカ刺しを食べてる人達が、縦切りを試したことがないことに一番驚いた !!

いつもイカ刺し食べていてよ、たまには縦に切って食べてみようかと誰も思わないものかとビックリぎょうてん島。。。


常識でも疑ってみる


俺の常識ではイカ刺しは極細の縦切りなんだけど、昔は横に切っていた。

だから、「縦に切るのと横に切るのとどっちがうまいんだろう?」という疑問くらいは誰でも持つと思っていたわけよね。

逆に、いつも新鮮なイカが手に入る地元の人だから、自分たちが昔から行っていることに疑問を持たないのかもしれない。



でもね、たまには常識から疑ってみないと・・・

”新しい発想をする” という発想さえないのであれば、人間に進歩しないわけよね!


で、、、

結局、どちらが正しいのか・・・

というより、どちらが理にかなっているのか・・・

縦切りと横切りではどちらが美味しいのか・・・


         その結論は、また次回



本当に美味しいイカ刺しの食べ方は こちら




2015/07/27: 「壱岐・対馬へ釣りに行こう」管理人

陸の戯言(おかのたわごと)

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 対馬 クロ
(クロ 44センチ) 対馬 カゴ釣り アラ
(アラ50センチ) 沖ノ島 ブリ ハマチ
(ハマチ72センチ) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ2キロ)