小型ミノーに謎の大物:壱岐・対馬へ釣りに行こう

小型ミノーに謎の大物

再び対馬へアラ釣りに行ってみた。
今度は、前回のミニアラよりも少し大きいコアラを釣りたい。

そして昼間はランガン。
よさそうな地磯でヒラスを狙ってみたい。


クエ釣り5連敗・・


アラというかクエというか、どっちっでもいいけど地磯や波止から狙うんでターゲットは2〜3キロ。
なんで、仕掛けもライトなものでOK。

日が暮れる前から二人で3本の竿を出した。
この日はベタ凪で、波もなければ風も無い。
おまけにアタリも無い時間が続く中 、 、 、

ただ、鹿の鳴き声がうるさい!


アラ 仕掛け

夜9時過ぎごろ、二人の竿に同時にアタリがあったものの針がかりせず。

満潮の午後11時30分頃までは粘りたかったけど、この日は風邪ですこぶる体調が悪かったんで、午後10時過ぎにギブアップした。

朝5時から再開したもののやっぱりアタリはなし。
夜はだいぶ寒くなってきたんで、アラの活性も落ちてきたのかもしれない。

実は、コアラ狙いの釣行は今年5回目。。
クエらしきあたりは何度か遭遇してるものの、いまだ一匹も上げていない   (T_T) 


ランガンで真鯛72センチ


完全に日が昇ったので、荷物をまとめてランガンすることにした。
そして、3箇所目に来たこの地磯。
浅いけど潮通しはいいところなんでヤズやヒラゴなら来そうな場所。

テトラの波止は足場が悪いんで、右奥に広がる地磯を探ってみると、点在している沈み根の周りに、そこそこの魚体がチラホラと見え隠れしている。

しかしこれが、トップにもメタルにも反応しない。
思い切って、小さいめのメタルを投げてみたところ、、、
やっとヒットしたのは思いもよらぬイサキだった!

ランガン ポイント

その後、イワシサイズのミノーを同じポイントキャストしたところ、フォールの途中でラインが走りだした。
イサキかと思っていたら想定外の強い引き! 

沈み根でバレないようにゆっくり寄せてくると、立派な真鯛。
後で計測すると72センチだったけど、
こんな浅場にもおるもんやね〜

ルアーでマダイ

超大型マダイか? オオマサか?


と感心してる場合じゃなかった。
再び同じポイントへキャストした一投目、
またも、フォールの途中で何か食ってきた!

同型のマダイかと思ったら、今度は格段に違う強い引き!!
獲物は沖に走ってラインがどんどん出て行く。
2号のPEラインでは持ちそうも無いので止まってくれるのを待つしかない。

ところが、まったく止まる様子も無く、150m近くが引きずりだされた。
そろそろラインが無くなると思い、スプールを左手で止めてみると凄い重量感の後、フッと軽くなった。。

やっぱ、2号のラインじゃ持たんかったなぁ〜
と思いながらラインを巻き取ると、、、

太めのフックが完全に伸ばされていた  (>_<) 




2015/10/10 投稿: 「壱岐・対馬へ釣りに行こう」管理人

対馬釣行記

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 対馬 クロ
(クロ 44センチ) 対馬 カゴ釣り アラ
(アラ50センチ) 沖ノ島 ブリ ハマチ
(ハマチ72センチ) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ2キロ)