春のメバル・アラカブ:壱岐・対馬へ釣りに行こう

春のメバル・アラカブ

クロのシーズンが終わったんで、釣る魚がないとか言っている人。
いやいや、そんな場合じゃないよ〜

冬魚と思ている人も多い、メバルやアラカブは、
実は4〜5月が美味しくて良型が釣れるシーズン。

そこで、良型メバルを狙って、また対馬に行ってみました。

何と言っても、メバルの一夜干しは絶品やからね〜    )^o^(。


浅生湾でボートフィシング


4月1日の浅生湾はこんな感じのベタ凪。
何かチヌ釣りしたくなる様な雰囲気やけど、この日の狙いはアラカブ。

浅生湾

この日は、地元の漁師ショウ君の案内で浅生湾内を転々と探ってみた。
ショウ君はテンヤ仕掛け、俺はルアーでワームを色々と試してみた。

数的にはややテンヤ仕掛けが勝ったけど、


腕のせいかも ・ ・ ・ 


写真では大きく見えないけど、最後にショウ君が釣り上げたこのアラカブは30センチ近いビッグワン。


アラカブ

天気が悪化してきたのでお昼で終了。
この日はあまり食いが良くなかったものの、アラカブやタカバが二人で30匹くらい釣れた。

それと、潮通しの良いポイントで40gのメタルを使っていたところ、そのメタルに2キロくらいのアオリイカも・・・


フカセで尺メバル


4月23日は対馬の波止でフカセ釣り。
メバル&あわよくばジャンボイサキ。

結局イサキはまったく釣れずに、メバルは尺近いもの数匹を含めて良型ばかりが11匹。
夕方から夜を狙えばもっと釣れただろうという感じ。


メバル


おまけのヒラマサ


完全に日が昇るとメバルのアタリは遠のいたんで、一旦フカセは終了。

何度か青物のボイルがあったんでルアータックルに変更して、春のデカマサを狙ってみることにした。

しばらく二人でトップを引いていると、すぐ目の前でガバッと食いついてきた。

逆回転するドラグを手で押さえ、全くリールを巻けずにただ耐える。

ロッドのパワーで徐々に浮かせた後、やっとタモで剝くってもらったのは84センチのヒラマサでした。 

 
ヒラマサ

結局、青物はこの一匹だけだったけど、青物用のタックル持ってきてて良かった  (^o^)丿 



2017/04/30 投稿: 「壱岐・対馬へ釣りに行こう」管理人

対馬釣行記

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 沖ノ島 クロ
(クロ 50センチ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 五島 アラ
(アラ50センチ) 真珠 pearl
(真珠) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ)