最後の釣り:壱岐・対馬へ釣りに行こう

最後の釣り

実家は兼業農家だったんで、両親は休日に田んぼ仕事をしていた。

オヤジはその田んぼ仕事をサボって、時々、俺達を釣りに連れて行ってくれた。
帰ると決まって、オヤジは母親に怒られていた。

朝早い時は、オヤジは俺だけを起こし、2段ベッドの下で寝ている弟は起こさなかった。
帰ると決まって、弟は俺に怒っていた。

オヤジとそれな抜け駆けの作戦を練るのも、俺は楽しかった。


春告魚


当時は海草がたくさんあって、メバルも良く釣れていた。

今で言えば良型のメバルも、当時ならレギュラーサイズくらい。

メバル釣りの時は、活きたタエビやモエビを餌にしていた。
釣りの前日に、近くのため池でエビを捕獲するのは俺達兄弟の仕事だったが、それもまた楽しかった。

今日は時期的に、そのメバルとアラカブが狙いの釣行。

今の時期のメバルは型がいいはずなんで、こんなメバルを期待して・・・

春告魚


メバリング


問題は、この年齢になって山と地磯を歩きたくないって事!
そこで今回は、知り合いの漁師さんから借りた船でやってきた。

釣り方も当時とはまったく違う、ルアースタイル。

しかし。  まぁ〜。

船から見ると、海底の地形が良く見える。


唐津 釣り場

「ここにこんなに大きな岩があったのか!」とか
「ここから急に深くなっていたのか・・」とか

その当時知っていれば、もっと釣れただろうに。

さっそく、ほとんどやったことないメバリング仕掛けを投げてみる。
ラインはPE0.6号。リダーは1号。
3.5gのジグヘッドにストレート系のワーム。

ボトム近くまで落として引いてくると、一投目でヒット!

おーーー。   メバルおるやん!!


メバリング

と思ったら、メバルより小さそうガシラでした。
それからも釣れるのは小さなガシラばかり。

そこで、アラカブ狙いに変更して、3インチのクラブ系ワームにしてみた。

そうすると、やっとアラカブと言えるサイズが来た。
しかも、子供の頃、いつも足下でアラカブを釣っていたポイントで!


アラカブ ガシラ

結局、メバルの姿は見えず、アラカブが10匹以上釣れたところで早めに納竿した。今日は午後から暑くなるらしい・・・

昔のようには釣れなかったものの、イルカを見たあの時のように天気がいい凪の日で、気持ちいい釣りができた。


四十九日


いつも磯釣りに連れていってくれたオヤジは、俺が中学2年のときに脳梗塞で倒れた。そらから一度も釣りには行っていない。

大人なって、俺は壱岐や対馬や沖ノ島の磯に頻繁に出かけているが、オヤジを連れていくことはできなかった。



そのオヤジは先月亡くなった。

明日は四十九日なんで、最後にオヤジと釣りがしたくてここへ来た。

昔の様には釣れなくなったけど、それでもやっぱり釣りは楽しい。



俺に釣りを教えてくれて、ありがとう。。




2018/04/21 壱岐対馬男

おかの戯言

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 沖ノ島 クロ
(クロ 50センチ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 五島 アラ
(アラ50センチ) 真珠 pearl
(真珠) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ)