郷ノ浦の波戸でのっこみチヌを狙う(2):壱岐・対馬へ釣りに行こう

郷ノ浦の波戸でのっこみチヌを狙う(2)

壱岐の波戸でチヌを狙うことにした今回の釣行。
久しぶりによく通った、郷ノ浦の波戸にきてみたが、海の状況は変わっていた。
まぁ、とりあえず釣ってみるか。

50センチ超の黒鯛狙いに細仕掛けは無用!


テトラの角付近にそれぞれ釣り座を構え、仕掛けを投入する。
今日の自分の仕掛けは、リョウビECUSIMA磯1-53の竿に、ダイワEMBREM2500番のリール。
(けっこう古いがお気に入りの使い込んだコンビ)

道糸は2.5号でハリス2.0号を二ヒロ。
濁りがあるのと50センチオーバー狙いのため少し太めのハリスを使用。
タナは3ヒロ〜6ヒロというところなので、ウキは3B〜5Bで、シンカーとハリスにガンダマを2段打ちし浮力を調整する。

最近はやたら細い仕掛けを好む人が多いが、いつでもそういう仕掛けを組む必要はない。
腕に自身が無いので少し太めの、この程度の仕掛けがちょうどいいと思っている!


一方の釣友は1.5号の竿にリールは3000番。
道糸3号にハリス2号を2ヒロ半。ウキは0号で完全フリーの全誘導仕掛け。
下げ潮に乗せ沖まで流し、あわよくば鯛も狙う作戦のようだ。

そのため、撒き餌にはボイルのオキアミも入っている。
最近はどうかわからないが、ここは以前はカゴ釣りで鯛も釣れていたところ。
僕も以前、1〜2キロの真鯛をここで何枚かあげている。
しかし、この時間帯でフカセの真鯛は厳しいだろう!?

チヌもアオリイカもいないのか?


潮は左にゆっくり流れている。
まだ満ち潮が効いているのだろうか?
ウキがゆっくり沈んでいく。
少し待ってあわせを入れるが針掛りしない。
同じポイントを流してみる。

今度はもう少し長く待ってみるがやはり針掛りしない。
餌は取られていて針にはキズが入っている。
フグの仕業だろう。
その後、潮が止まったり、右に流れたり、左に流れたりと安定しない。
あたりも餌取りのフグやベラ、たまに手のひらサイズのクロ、という状況が続いた。


エギンガーが二人来て、テトラの根元から波戸の先端まで探っている。
しかしミズイカ(アオリイカ)のアタリは無いようで1時間程で退散して行った。
ここは以前はミズイカもよく釣れていたが、そういえば、今日はミズイカの姿を一匹も見ていない。
やはり海水の色が悪いのが原因なのか?


夕まずめを迎える前に場所換えするかどうか、相談した結果ここで粘ることにした。
しかし、相変わらず潮の動きは悪く安定しない。
いつもは下げ潮がまっすぐ沖に出て行くはずだが、今日はまったく出て行かない。

沖波戸が長くなったせいで潮の流れが悪くなったのだろうか?
左に行ったかと思えば右横にといった感じだ。
こういうときは撒き餌を無駄にすることも無い!

一休み。一休み。
いつものように昼食をとり、波戸の上で昼寝することにした。

天気がいいし、風もあたらない。

釣り上げたベラを、頭上で狙っているトンビの声と波の音だけがする。

「ザザー」

「ピーッヒョロロ」

「ザー」

「ピーッヒョロロロロ・・・」

(-_-)zzz

(-_-)zzz



2008/05/07 投稿:「壱岐・対馬へ釣りに行こう」管理人

壱岐釣行記

Sponsored Link

Sponsored Link

釣果写真館

* 画像をクリックで拡大

五島 真鯛.jpg
(真鯛85センチ) 壱岐 イサキ
(イサキ44センチ) 対馬 クロ
(クロ 44センチ) 対馬 カゴ釣り アラ
(アラ50センチ) 沖ノ島 ブリ ハマチ
(ハマチ72センチ) 沖ノ島 夜釣り コロダイ
(コロダイ62センチ) 対馬 つり イシダイ
(サンバソウ) イナダ ハマチ
(ハマチのダブルヒット) 対馬 ルアー メバル
(メバル32センチ) 対馬 釣果 ヒラマサ
(ヒラマサ81センチ) 壱岐 釣果 タカバ
(タカバ) 五島 チヌ
(チヌ51センチ) 唐津 アオリイカ
(アオリイカ2キロ)